XPSフォームサンドイッチパネルは、熱可塑性樹脂と連続ガラス繊維を含む熱可塑性複合パネルです。外側のスキンは光沢のある連続ガラス繊維を採用し、内側のスキンは熱可塑性UDテープで構成されています。押出ポリスチレンを採用したコアは、特殊な接着剤を使用して、真空圧縮によりスキンと接続します。

ガラス繊維の外皮は、自動パネルラインによって形成されます。表面は、国際的な食品グレードの樹脂で作られたカラフルなゲルでコーティングされています。ゲルコートにより、パネル表面がより滑らかになり、清掃しやすくなります。パネルはカラフルで光沢があります。パネルは明るく着色され、光沢は保持されます。

押し出されたポリスチレンは高い強度で埋め込む部品からの損傷を防ぎ、くぼみのない平らな外観をパネルに与えます。-50℃のところにも良い機能を持っています。

パネルの内側スキンに使用される連続繊維強化熱可塑性UDテープは、異なる方向に積層されているため、繊維の連続性を維持し、あらゆる力の方向で材料を強化します。この部品は軽量で、強度や弾性率が強い。水、腐食、衝撃、ゴム耐性があり、ほとんどの酸やアルカリに対して不活性です。内側のスキンは熱可塑性PPで形成されており、リサイクルできます。

XPSフォーム熱可塑性サンドイッチパネル

熱硬化と比較して、XPS熱可塑性複合パネルは次の点で優れています。

強力な内側スキン(より高い靭性と耐衝撃性)

スキン樹脂に導入された連続繊維は、短繊維の代わりに、従来のガラス繊維よりもはるかに高いパネル強度を提供します。

軽量

熱可塑性スキンの繊維含有量は約60%で、ガラス繊維スキンの繊維含有量(30%から35%のみ)よりもはるかに高いです。 したがって、同じ繊維含有量のパネルより、熱可塑性パネルは約50%軽いです。

グリーンと無臭

パネルスキンは、グラスファイバーとPP樹脂の積層により形成されています。 PPは緑色で無臭なので、食品グレードのプラスチックです。 ただし、スチレンの小分子は使用前に完全に硬化していないため、新たに製造された一部の熱硬化性コンパートメントは臭いがしやすい傾向があります。

さらに、パネルの表面は研ぎ澄まされ、平らです。 表面に繊維のテクスチャが見えません。

貴社に最適なサンドイッチパネルを作り上げます

サンドイッチパネルカスタマイズ

English EN French FR Japanese JA