Thermoplastic Composites

複合材料市場のデータ専門家は、世界の熱可塑性複合材料市場は今後5年間で4.9%の複合年間成長率(CAGR)を目撃し、2017年に82億ドルに達すると予想されるという新しいレポートを出しました。 熱可塑性複合材料用であり、予測期間にわたって市場を牽引すると予想されます。

輸送用CFRT連続繊維強化熱可塑性複合材(CFRT)材料は、軽量化、燃料節約、およびその他の性能上の利点が重要なアプリケーションで成長しています。 それでも、コストは新しいアプリケーションの開発を制限する要因であり続けています。 米国および西ヨーロッパの自動車部門は、新しい複合材料の用途の受け入れにより、今後5年間で着実な成長を示すと予想されます。 ただし、グローバルな自動車の成長は、アジアおよび東ヨーロッパの市場に牽引されます。

自動車用熱可塑性複合材料この調査レポートには、業界の背景と特徴、競合分析、市場の動向と予測、TPCの成長機会、その他多くの要素が含まれています。 LFT、SFT、GMT(ガラスマット熱可塑性樹脂)、CFRT(連続繊維強化熱可塑性複合材料)などの4種類の繊維強化熱可塑性材料のすべてがレポートで詳しく説明されています。

 

TOPOLOは、CFRTテープ(T-UDシリーズ)、熱可塑性シート(T-PCシリーズ)、サンドイッチパネル(T-SPシリーズ)などに得意した連続繊維強化複合材料の専門メーカーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です