強化熱可塑性パイプ、またはRTPパイプは、ガラス、アラミドまたはカーボンなどの高強度複合繊維で強化されたパイプを指す総称です。これは、陸上の石油・ガス産業で使用するための非腐食性導管に対する需要の高まりに応えて、中圧鋼管に代わるものとして開発されました。

RTPパイプの構築に使用される材料は通常、PE、PA-11またはPVDFであり、強化材は主にアラミドまたはポリエステル繊維です。

TOPOLOでは、T-UDシリーズGPE連続ガラス繊維強化熱可塑性テープをお客様のパイプの材料に提供しております。これは、引張る力と曲げる力においてはるかに優れた性能を発揮します。

 

構造

強化熱可塑性パイプは、3つの基本層から構成されています。内部の熱可塑性ライナー、パイプの周りにらせん状に巻かれた連続繊維強化材、および外部の熱可塑性ジャケットです。ライナーはブラダーとして機能し、繊維強化は強度を提供し、ジャケットは耐荷重性繊維を保護します。

メリット

伝統の鋼パイプと比較して、連続繊維強化熱可塑性パイプは少なくとも以下の利点を有する。

迅速なインストール

腐食を防ぐ

高圧を抵抗能力

高い耐久性

軽量性

 

アプリケーション

強度、剛性、および軽量という優れた特性により、連続繊維強化熱可塑性パイプは、以下を含むさまざまな産業で広く使用されています::

油回収

ガス配給ネットワーク

水の運輸

極端な状況にある他のパイプラインネットワーク