CFRTは熱可塑性樹脂基体と連続繊維補強剤が合成した複合材です。高品質のマトリックスは、耐食性や加工性などの優れた熱的および化学的性質をもたらし一方、この強化繊維は複合材料の機械的性質を決定します。
TOPOLOは、CFRTとリーンエンジニアリングによる軽量ソリューションを専門としています。 当社の連続繊維強化複合材料は、建築、航空宇宙、そして特に自動車市場で広く受け入れられています。

UVエージング試験機
UVエージング試験機
UV促進耐候試験機
UV促進耐候試験機

高品質の製品はプロの技術にかかっています。TOPOLOは専門化のために革新しています。米なしで飯を炊くことはできません。だから研究開発のための特別な実験室と、製品をテストするための正確な装置が必要です。実験室では、引張試験機、曲げ応力試験機、万能試験機などの高性能試験機を購入しました。これらの試験機は、当社のCFRT製品に特に適用です。T-UDシリーズCFRTテープ、T-PCシリーズCFRTシート(熱可塑性複合シート)、T-SPシリーズハニカムサンドイッチパネルなどの機械的特性を試験す役に立ちます。試験した特性は、引張強度、引張弾性率、曲げ強度、および曲げ弾性率を含み、試験結果を以下に示す。

性能 PA66 (GF:0%) SFT-PA66 (GF:50%) LFT-PA66 (GF:50%) CFRT-PA66 (GF:50%) 単位
引張強さ 70 192 254 400 MPa
引張係数 2.8  / 18 21.8 GPa
曲げ強度 100 295 405 590 MPa
曲げ弾性率 2.4 11.4 17 22.8 GPa

注意1:SFT=短繊維強化熱可塑性プラスチック、LFT=長繊維強化熱可塑性プラスチック、CFRT=連続繊維強化熱可塑性プラスチック、GF0%=補強なしPA66GF50%=50% SFT/LFT/CFRT強化PA66

 

テストによると、強化PA66は非強化PA66より強く、長繊維は短繊維より強いことがわかりますが、いずれもCFRT(連続繊維強化熱可塑性複合材)PA66により性能(引張特性や曲げ特性)を上回ることはできません。
PA66以外にも、単方向性テープ、熱可塑性複合シート、ハニカムサンドイッチパネル、熱可塑性サンドイッチパネルなどのCFRT材料も製造します。 それらはすべて連続繊維強化複合材料でできています。

 

CFRTの利点

高強度
高い耐衝撃性
軽量
リサイクル可能

 

今後のCFRT

「連続繊維強化熱可塑性複合材料の市場はここ数年で飛躍的な成長を遂げました。2002年の成長率は93%でした。」
「歴史的には、連続繊維強化複合材料は航空宇宙および軍事のみのニッチ用途に使用されていましたが、近年では、自動車、スポーツ、運輸などの分野で市場が急拡大しています。 この需要は、航空宇宙、自動車、トラックなどのさまざまな用途で推進されてきました。」

 

CFRT原料

レジン

PP

PET

PA

PC

PPS

PEI

ファイバー

ガラスファイバー

カーボンファイバー

ケブラーファイバー

玄武岩ファイバー

添加剤

酸化防止剤
紫外線安定剤
難燃剤
カスタムカラー