自動車業界において、燃料消費量を削減することに対する今日の要求は、最も困難な問題です。燃料価格の上昇に伴い、より燃費の良い自動車の開発が急増しています。 トラックの燃料削減技術に関する最近の研究は、トラクターユニットとセミトレーラの空気力学的改善、そしてそれによる抗力低減が、燃料節約のための最も重要な技術の一つであると述べています。

The調査によると、トレーラ設備は最大な効果が 5°ヨーに至り、特に着陸装置に適用です 。さらに, 着陸に使用される設備と基地がベスト結果を作り、これらの基地が牽引強度の改善に影響を受けやすいことを示します。

空力牽引強度は圧力牽引(表面に垂直に作用する力)と摩擦牽引(表面に対して接線方向に作用する力)、二つの構成要素を含みます。摩擦牽引Friction drag is due to 流体と表面との間の剪断圧力、しかしながら、圧力牽引は、本体の前面と後面との間の圧力差に起因する。トラックや他の鈍い物体の場合、圧力抗力は全抗力の90パーセント以上に寄与します。トラクターの前部のため、トラックの周りの主な抗力寄与を表す領域は、トラクターとトレーラーの間のギャップ、トレーラーの後ろのベースウェイク、および着陸装置です。

さまざまなタイプのルーフデフレクタ、サイドデフレクタ、およびシャーシフェアリングは、燃料消費量を減らすことができる空力的改善の良い例です。

トラクターとトレーラーの間のすき間の効果は、すき間の大きさに大きく依存します。より大きなギャップを伴う抗力の原因となる問題の1つは、空気がギャップに入り込み、トレーラの前部に衝突することによって、圧力抗力が増大してきます。 トレーラーがトラクターよりも高い位置にある場合、この圧力はさらに大きくなります。

ソリューション:

トレーラーの高さに合わせて角度を調整したルーフデフレクターを使用すると便利です。トレーラの前面に追加されたこのような装置の主な目的は、ギャップ内の制御されていない循環およびクロスフローを防止し、ギャップ上の流れを改善し、トレーラに作用する圧力を低減することです。 風速の平均値を計算するために100 km / hの速度で、ヨースイープで実行された本格的な風洞試験は、これらの装置がそれぞれ2と34の抗力カウントで抗力を減らすと述べています。

CFRTノーズカウリング

The undercarriage flow encounters a large amount of disturbances due to irregular geometries with sharp edges underneath the tractor and the trailer. Together with other disturbances, such as rotating wheels, this results in a reduction of velocity in the flow, so-called low-momentum flow, under the trailer with numerous separations and energy losses.

Solutions:

Different types of devices placed under the trailer can be used to improve the undercarriage flow by directing the flow along the side of the trailer. This is even more beneficial during cross-wind conditions since it prevents cross- flow.

Side skirts have also demonstrated a drag reduction of up to 48 drag counts.

Trailer fairing is another undercarriage treatment for reducing disturbances as the air hits the trailer.

A smoother trailer bottom with less irregularity can also be a good adjustment to improve the undercarriage flow.

cfrt undercarriage 2

At the rear of the trailer a dominant base wake is created, containing unsteady turbulent flow. This is a result of a low-momentum flow along the top and the sides of the trailer that separates at the trailing edge of the trailer. The low-momentum flow from the undercarriage interacts with the base wake, resulting in an even greater turbulent base flow. A consequence of this is a low-pressure region that is created behind the trailer that contributes to drag.

Solutions:

There are different types of aerodynamic devices to decrease and stabilize the base wake by guiding the flow at the rear of the trailer. By extending the rear with different types of angled plates, the flow attachment is maintained and the air can be guided into the center of the base wake. Other devices are added to the sides and the roof of the trailer to generate energized vortices to delay the separation and thereby decrease the base wake. According to wind-tunnel tests, these devices improve drag by respectively 51 and 44 drag counts.

cfrt base wake

革新的な空力改善はお客様の車のためにTOPOLOで実現することができます。サイドスカート、ノーズフェアリング、CFRT (連続繊維強化熱可塑性複合材 ) で作られたルーフデフレクタを含む空力部品の全セットは、軽量と空力の両方の要求を容易に満たすことができます。

空力応用 ソリューション
ギャップ処理 シールドギャップ
ボルテックススタビライザー
ギャップフェアリング
基本処理 サイドプレート
基本プレート
フレーム伸張
着陸処理 サイドスカート
シールホイール
滑らかなアンダーボディ

 

TOPOLOのCFRT空力設備の特徴

√ 空力牽引の削減

√ 弾性

√ 自動車の安定性を保つ

√ 高い機械的性質と弾性率

CFRT トラックカウリングは、車両の上部(ルーフデフレクタ)、下部(シャシーフェアリング)、およびサイド(サイドデフレクタ)に取り付けることができ、空気抵抗力を減らすことができます。