熱可塑性サンドイッチパネルの連続繊維強化複合材 

TOPOLOは、複合材料を使用した熱可塑性パネルの設計と製造に経験があります。 サンドイッチパネルやシート(熱可塑性複合シート)の主材料としてCFRTを紹介しました。

CFRTは、物流、スポーツ、パイプ、航空宇宙などの現代産業で使用される新しい複合材料です。 連続繊維で強化され、熱可塑性樹脂のマトリックスに含浸されたハニカムサンドイッチパネルは、高強度、高剛性、および高靭性で、強くてリサイクル可能です。

 

生産プロセス

高品質のCFRT材料と組み合わせることで、当社が製造する熱可塑性サンドイッチパネルは、TOPOLO製造ラインの精密機器によって厳しく管理されています。 材料から最終製品まで、これらのハニカムパネルは以下のステップを経なければなりません。

予熱:

原料(PPハニカムまたは発泡PPハニカムコア)を予熱してから加熱ローラーに送り込みます。 PPの中心の厚さは材料および特性の条件によって8mmから50mmに設定することができます。

ラミネート加工:

高圧と高温のローラーの下で、ハニカムパネルは空気加熱システムを通してさらに加熱され、均一な厚さのある構造を形成します。 この工程の間、PPコアは表面の両側をシート「表皮」で被覆されてサンドイッチパネルになる。 TOPOLOでは、これらの熱可塑性複合シートは織布またはCFRT材料で作ることができる。 私達はあなたが必要とする限り私達は2から9つの層からCFRT とファブリックシートを提供しております。

冷却と切断:

最後に、構造化複合パネルは等圧冷却システムによって冷却され、様々な用途のために特定の形状に切断される。 TOPOLOでは、サンドイッチパネルの長さは3.2mまで設計できます。

プロセス全体が効率的で省エネです。 高強度の熱可塑性サンドイッチパネルの製造に理想的です。

 

主なメリット

CFRT(連続繊維強化熱可塑性)複合材料で作られた複合材ハニカムサンドイッチパネルは、軽量で断熱性に優れているため非常に滑らかになります。 CFRT材料中の繊維は連続的でありそして繊維テープの樹脂含浸は通常の熱可塑性複合材料のそれよりも十分であるので、CFRT複合材料の機械的性質(引張り、曲げおよび衝撃抵抗)はGMTまたはLFT複合材料よりはるかに良い。

CFRTとファブリックシートの両方が2から9層まで利用可能です。

パネルの長さは、ファブリックまたはCFRT材料のどちらでも最大3.2mです。

ハニカムコアの厚さは8mmから50mmまでカスタマイズできます。

 

アプリケーション

サンドイッチパネルコンテナ用の熱可塑性複合シートに基づくTOPOLOの軽量ソリューション 軽量ソリューションは、配達車、冷蔵コンテナ、航空貨物、およびその他の特殊コンテナを含む幅広い用途に効果的です。

熱可塑性サンドイッチパネル以外にも、当社の連続繊維強化複合材料はパイプ、タンク、そして特に自動車にも使用できます。 TOPOLOはお客様の特別な箱のための軽量の解決策のプロのデザイナーです。 また、快適な車でのお客様の経験を改善するために磨きかける工程を提供します。