CFRT Tape

最近、新素材加工の分野で、連続繊維強化熱可塑性複合材料は、審美性、軽量性、柔軟性の点で優れているため、より懸念されています。

 

この革新的な素材は、資源の節約とエネルギー効率に貢献し、強くて軽い素材に対する世界的な需要の高まりを利用するように設定されています。 通信業および電子産業から消費財や医療製品まで、OEMおよび部品供応商は、費用対効果の高い軽量ソリューションを楽しみながら、高度な複合材料の高性能機能を活用できます。

新材料のプロセス審美的で柔軟な設計に加えて、軽量で薄型のCFRT材料は、従来の金属およびプラスチック材料の境界線の新たな突破口を示しています。 世界最大の家電メーカーにとって賢明です。

 

生産に関しては、CFRT材料は、既存の熱成形ツールを使用して、年間数百万個の部品を高収率で低サイクル時間で熱成形できると報告されています。 ハイブリッド射出成形、自動UDテープ敷設、自動ファイバー配置(AFP)などの他の生産技術を簡単に統合できます。

 

連続繊維強化複合材料であるため、新製品は耐用年数の終わりにリサイクルすることもでき、「業界に境界を広げる材料ツールを提供する際のスケーラブルで持続可能な複合ソリューションがどのようなものかを示す完璧な例」となります。

TOPOLO-CFRT連続繊維強化熱可塑性樹脂の新たに開発された技術により、TOPOLOは、電気産業、自動車、医療、運動靴、消費財を含む多様な市場セグメントに関心を集めています。 また、上海の生産拠点で、T-UDシリーズの一方向強化テープとT-PCシリーズ熱可塑性複合シートを生産しています。 新しい素材は、軽量構造、特定の強度、仕上げを現在の既存の素材では到達できない規模で提供することで、あらゆる業界の次世代製品に真の価値をもたらすと信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です