すでに欧州などで見られている車両のCO2排出量のより厳しい制限への動きは、世界中に広がると予想されます。 自動車メーカーは、CO2を削減するための技術革新に対する差し迫ったニーズに直面しています。 軽量車と電気自動車は、最も効果的なソリューションです。
より厳しいCO2規制の背景の下で、ハイブリッド車と新世代のエコカーがより人気を集めている一方で、従来の高張力鋼の代替であるCFRTの需要の増大は避けられません。
炭素繊維は、重量のわずか4分の1で、鋼鉄よりも10倍強力な先進材料です。 CFRTは、連続炭素繊維で強化された複合熱可塑性材料であり、変形や酸およびアルカリ腐食に対する高い耐性という追加の利点があります。 自動車分野での省エネとCO2削減の需要を満たす可能性は、最近注目を集めています。
従来のCFRTは、熱硬化性樹脂を使用しており、加熱すると固化します。 成形に数分または数時間を要するため、量産車にはもはや適していません。

熱可塑は熱固化より優れた点

より便利な素材:
熱固化では、クリンプされていないファブリックを型に合わせて切断する必要があります:
ただし、熱可塑性樹脂では、熱可塑性樹脂製の中間材料と繊維強化材を加熱するだけです。
プロセスが簡単化:
熱固化には、いくつかの処理ステップがあります(実行、加熱、樹脂トランスファー成形など)。
熱可塑性樹脂では、2つのステップ(予熱とプレス成形)のみが必要です。
より少ない時間コスト:
準備と処理時間が短縮されるため、熱可塑性樹脂技術は非常に効率的です。

生産効率の向上により、大量生産が可能になり、また、成形後に形状を変更できるため、再利用、改質、その他の方法によりリサイクルへの道が開かれます。

English EN French FR Japanese JA